日に日に春らしくなってきたけれど、パウゼの庭はほとんどがバラのため、まだ枯れ木が並んでるような光景なのです。


茶色の地面に、茶色い枝。

ようやく下のほうから緑色になってきたり、新芽のきざしがみえてきてはいるけれど、やっぱり枯れ木の庭みたい。

雪がある時期ならこれでも良かったけれど、春の日差しの中でこんな風景じゃ、なんだかお店まで営業してないような感じに見えちゃうなぁ。


もうちょっと待っていれば、わさわさと緑が増えていくのはわかるけれど。

どうしても、待てない。

この、なんとなーく活気のない雰囲気、店主としては見過ごせません。

だってなんだか、“廃業したっぽいお店”って感じに見えちゃうんですもの。


こりゃダメだ、はやくなんとかしなくては。


というわけで取り急ぎ、店先に鉢植えをひとつ。

華やかさという点では少々控えめだけれども、今シーズンの最初の花は店主の好きなデージーで。


鉢植えひとつ置くだけでも、店先の雰囲気がガラリと変わるものですね。

ひとまず“ちゃんと営業してるお店”な雰囲気になったような気がします。


めでたしめでたし。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM